主要機能

Mobilous AppExeは、一度の作業でAndroid、iOSのネイティブアプリ、モバイルウェブが同時に制作できる、アプリケーション開発ツールです。
ホームページ・ビルダーやPowerPointのように、パーツやページを配置してアクションを定義するだけで、簡単にモバイルアプリを作り込むことができます。そして、すぐにPCの画面上でプレビューを表示し、実機でのテストやリリースまでをトータルに行うことが可能です。
今までネックになっていた開発期間の長さやコストの問題を大幅に削減できます。つまり、これまで不可能だった価格帯でアプリをリリースし、運用することが現実のものとなるのです。

(*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。)
  • 一回のアプリ制作で、AndroidとiOSのネイティブアプリ、モバイルウェブの3つに対応したアプリが同時に生成され、対応デバイスやOSへの依存性は考慮不要です。
  • クラウド上の開発環境でアプリを制作すれば、サーバー側の運用環境を自動生成し、リリースもサポートします。
主要機能

機能一覧

ページ編集画面で35以上の部品と100以上のアクションから必要なものを自由自在に組み合わせることにより、
構築とプロトタイピング制作が即座に可能となります。

部品
テキスト系部品 ラベル テキスト入力フィールド Web ビュー テキストビュー 
ボタン系部品 角丸ボタン テキストボタン イメージボタン トグルボタン システムボタン スイッチ セグメント チェックボックス
メディア系 イメージ サウンドボックス ムービーボックス マップビュー カメラボックス
セレクタ系 ピッカー 日付ピッカー スライダー 進捗系 進捗バー インディケータ
アクション
ページ遷移系 ルートページに戻る 子ページに移動する タブを選択する 前のページに戻る
値変更系 親ページの値更新 現在ページの値更新 更新データの再ロード 計算値更新 テキストの消去 最後の1文字削除 テキストの追加
オブジェクト制御系 オブジェクトの移動 オブジェクトの回転 値の更新 イメージの更新 色の更新
ローカルDB制御系 レコード挿入 レコード更新 レコード削除 全レコードの削除
メディア制御系 再生 一時停止 停止 効果音再生
警告制御系 警告ポップアップ 選択メニュー 待機画面表示 待機画面停止
リモートDB制御系 ユーザーデータベース制御:サーバーレコード削除 サーバーレコード更新 サーバーレコード挿入
システムデータベース制御:ユーザー登録 ログイン パスワード変更
ライブラリ制御系 写真撮影
デバイス制御系 タイマー制御:開始 停止
電子メール制御系 メール送信画面の表示 メールの使用可否
地図ルート制御系 ルートの表示 ルートの消去
編集機能
リソース管理 アップロード:イメージ ビデオ サウンド(BGM、効果音)  国際化ファイル
編集:イメージ サウンド
データベース編集 ローカル:テーブル編集 View編集 スクリプト編集
リモート:テーブル編集 View編集 スクリプト編集
デバイスアクション管理 タイマーアクションサービス、ロケーションアクションサービス
国際化対応 使用テキストの抽出 翻訳 マニュアル編集
ページ編集
ストーリーボード ストーリーボードの編集
プリセットページ フルカスタムページ フリーレイアウト、フリースクロール、ページスクロール
データ用ページ DBページスクロール、レコードビュー、リストビュー、レコードセレクター(小規模データ用、デバイス内中規模データ用、サーバーサイドデータ用)

DBの種類

  • ローカルDBおよびリモートDBの他、メジャー外部DBと連携するためのプラグインを開発可能
  • DBテーブルページをはじめ、登録フォームやショッピングカート向けのテンプレートを順次公開予定
DBの種類
トップへ

導入ステップ

導入ステップ
フリートライアル

本サイトの「フリートライアル」ボタンからメールアドレスを入力して登録します。その後、お客様のフリートライアル用開発環境が整い次第、使用開始(Activate)の通知が届きます。通知日から30日間、無料でAppExeを利用することができます。

  • お客様情報の登録が必要です。
  • 登録するユーザー名は後日変更できません。また、アプリのURLに表示されますので、ご注意ください。
  • フリートライアル用開発環境の準備には、最大72時間かかることがあります。
  • 使用開始(Activate)の通知が届いた日が、お客様のAppExe開発環境契約開始日となります。
  • フリートライアルの登録と同時に、30日後の契約更新をお知らせするメールが配信されますが、課金対象となるのは30日後ですので、ご安心ください。
  • フリートライアル利用後、AppExeの利用を終了する場合は、継続利用手続きを行わないでください。30日を過ぎると、約款に記載の解約規定に基づき、フリートライアル用開発環境にはアクセス不能となり、その後30日以内にアプリデータの復旧、または継続利用手続きを行わない場合、フリートライアル期間に作成したアプリデータは消滅しますので、ご注意ください。
継続利用その1「評価版」

フリートライアルが終了する30日前に、継続に関するメールが送信されます(自動送信)。
継続は有償となり、フリートライアルが終了する前に継続手続きが必要です。継続をご希望されるお客様は、ユーザーコンソールにログイン後、ダッシュボードタブの「契約更新/アップグレード」リンクより継続手続きを行ってください。お支払はクレジットカードのみです。

  • 「評価版」のスペックでは足りない場合は、すぐに「開発環境」を購入することも可能です。
  • 「評価版」は月単位、年単位で購入が可能ですが、フリートライアル期間を含め最大12ヶ月しか購入できません。
  • 「評価版」の契約期間終了後または契約期間中に、AppExeの利用を終了する場合は、ユーザーコンソールログイン後、ダッシュボードタブの「キャンセル」リンクより解約手続きが必要となります。解約手続きを行わない場合、課金対象として管理されますのでご注意ください。また約款に記載の解約規定に基づき、お客様の開発環境はアクセス不能となり、その後30日以内にアプリデータの復旧、または再利用手続きを行わない場合、契約期間中に制作したアプリデータは消滅しますので、ご注意ください。詳しくはお問合せください。
継続利用その2「開発環境」

「評価版」利用後は、「開発環境」での継続となります。開発者の人数、CPU、ディスク等により「開発環境」のスペックを決定してください。購入は、ユーザーコンソールにログイン後、ダッシュボードタブの「契約更新/アップグレード」リンクより、「アップグレードによる契約更新」を選んでください。「評価版」で制作したアプリは、そのまま継続することが可能です。「開発環境」は月単位、年単位での購入となり、クレジットカードでのお支払いとなります。

  • 購入した「開発環境」のユーザー数は、契約途中でダウングレードすることは出来ません。
  • 「開発環境」の契約期間終了後または契約期間中に、AppExeの利用を終了する場合は、ユーザーコンソールログイン後、ダッシュボードタブの「キャンセル」リンクより解約手続きが必要となります。解約手続きを行わない場合、課金対象として管理されますのでご注意ください。また約款に記載の解約規定に基づき、お客様の開発環境はアクセス不能となり、その後30日以内にアプリデータの復旧、または再利用手続きを行わない場合、契約期間中に制作したアプリデータは消滅しますので、ご注意ください。詳しくはお問合せください。
アプリのリリース「運用環境」

開発環境で制作したアプリを実際に運用するには、「運用環境」(運用サーバ)の購入が必要となります。ユーザーコンソールにログイン後、アプリのリリースタブより制作したアプリをリリース処理すると、「運用環境」購入画面となります。「運用環境」は月単位、年単位での購入となり、クレジットカードでのお支払いとなります。

  • 「運用環境」へアプリをリリースした時点が、AppExe運用環境契約開始日になります。
  • 「運用環境」の料金には、モビラス名でのアプリストアへのサブミット(無料アプリのみ)が含まれます。モビラス名以外でのアプリストアへのサブミット、企業内利用(エンタープライズ利用)、有料アプリのリリースをご希望の場合は、有償となりますので、弊社カスタマーサポートメニューより各種必要なサービスをご利用ください。
  • 「運用環境」の契約期間終了後または契約期間中に、AppExeの利用を終了する場合は、ユーザーコンソールログイン後、ダッシュボードタブの「キャンセル」リンクより解約手続きが必要となります。解約手続きを行わない場合、課金対象として管理されますのでご注意ください。また約款に記載の解約規定に基づき、お客様の運用環境はアクセス不能となり、その後30日以内にアプリデータの復旧、または再利用手続きを行わない場合、契約期間中に制作したアプリデータは消滅しますので、ご注意ください。詳しくはお問合せください。
環境アップグレード/オプション購入

一度購入した「開発環境」のアップグレードや、スペックの増設をすることが出来ます。
ユーザー数のアップグレードはユーザーコンソールへログイン後、ダッシュボードタブの「契約更新/アップグレード」リンクより、スペックの増設は「オプション追加」リンクより、手続きを行えます。詳細はこちら。

アプリストアへのサブミット

「運用環境」へアプリをリリース後、実際にご利用になるには、アプリストア(Apple App Store または Google Play Store)へのサブミットが必要となります。モビラス名での各アプリストアへのサブミットは、ユーザーコンソールにログイン後、アプリのサブミットタブより、各ストアの申請書類をダウンロードいただき、必要事項を記載のうえ、指定先へ送信してください。

  • 各OSにより申請書類は異なりますので、ご注意ください。
  • iOS のアプリをサブミットするにあたり、モビラス名以外でのリリース、企業内利用(エンタープライズ利用)、有料のアプリリリースをご希望の場合は、各種登録(デベロッパー登録、エンタープライズ登録)が必要となります。お客様自身でご用意出来ない場合は、弊社カスタマーサポートメニューより各種必要なサービスを有償でご利用いただけます。
トップへ

ご利用環境

OS

Windows : XP sp3, Vista, 7, 8
MacOS : 10.6以降

PCスペック

Intel Pentium , メモリ1GB 以上推奨

ブラウザ

インターネットが必要です。
Google Chrome、Safari
※Flash(ver. 10.2.159.1)以上推奨

価格

Mobilous AppExe 開発環境 月8,900円(評価版・税別)~
Mobilous AppExe 運用環境 月15,300円(税別)~

※ 製品の詳細については下記代理店にお問い合わせ下さい。

販売代理店

ソフトバンク インターメッセ ソフトバンク インヴェンティット株式会社

環境アップグレード/オプション購入

一度購入した「開発環境」のアップグレードや、スペックの増設をすることが出来ます。
「開発環境」をアップグレードするには、ユーザー数をアップグレードするか、または、個別にオプション購入するかの方法があります。「運用環境」をアップグレードするには、運用環境そのものをアップグレードするか、または、個別にオプション購入するかの方法があります。
いずれも、必要なスペックに応じて選択してください。アップグレードはユーザーコンソールへログイン後、ダッシュボードタブの「契約更新/アップグレード」リンクより、スペックの増設は「オプション追加」リンクより、手続きを行えます。

  • ネットワークデータ in/out 転送量は、必要な月数分の購入が可能です。
  • HDDバックアップ容量については、購入する日を含む月から契約満了日までの月数が課金されます。
    翌契約期間はオプションをプラスした契約内容で更新されます。(ダウングレード、日割り課金は出来ません。)
    (例:オプション購入日が2013年8月15日で、その基本契約が2013年10月30日で終了する場合、3ヶ月分の課金となります。)
トップへ

サポート

FAQ -よくあるご質問
プレビューが表示されません。
動作確認済みのブラウザは、クロームまたはサファリとなります。また、ポップアップブロックを解除してください。
WindowsでもMacでも使えますか?
AppExeはブラウザ内で動作しますので、OSは問いません。ブラウザがクロームまたはサファリであれば、利用可能です。
スペックを増やすことはできますか?
はい、可能です。開発環境全体のスペックを増やす場合は、ユーザー数のアップグレードをしてください。
HDD等一部のスペックを増やしたい場合は、オプションメニューから購入できます。詳しくはこちらをご覧ください。
現金でお支払いはできますか?
できません。クレジットカードのみの対応となります。(VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS)
開発環境とはどのようなものですか?
アプリを制作するためのビルダー、アプリ管理、リソース管理などアプリを開発するために必要な環境(開発サーバ)です。
運用環境とはどのようなものですか?
「アプリを制作する開発環境」に対し、制作後のアプリを「運用するために必要運用環境(運用サーバ)」です。
テンプレートとはどのようなものですか?
アプリの機能を利用する状況に合わせ、素早く実装できるように予め準備されているものです。今後ラインナップは増えていきます。
アプリストアへのリリースはどのようにするのですか?
無料アプリをモビラス名でリリースする場合は、ユーザーコンソールからリリースが可能で料金は運用環境費用に含まれています。
ただし審査の回数制限があります。モビラス名以外、企業内利用、有料アプリのリリースをご希望の場合は、こちら。
今後パーツ、アクションは増えていきますか?
はい、多数追加予定です。また、リソースマーケットとしての展開を予定しています。その中ではパーツ、アクションの販売、購入が行われる予定です。
スマートフォンの機能は使う事ができますか?
はい。GPSやカメラ、ローカルデータベースなど、ほぼすべての機能を使いアプリケーションを制作する事ができます。
お問合せ窓口 : info.jp@mobilous.com

お知らせ

バージョンアップ、バグ修正、その他の情報を随時お知らせします。

2013年11月26日

AppExeを使ったアプリ制作をより効率よくしていただくために、AppExeの電子マニュアルを用意いたしました。是非ご活用下さい。

2013年3月29日

次バージョンで組み込まれる予定の機能が確定しました。

  • DB管理機能(ビューマネージャ、スクリプトマネージャ、外部接続プラグイン)
  • サービスマネージャ(タイマー)
  • 新アクション(Googleコンタクト、Googleカレンダー、Googleマップ(マーカー)、モーションアクション、スポットサービス)

次々バージョンで組み込まれる予定の機能は以下のとおりです。

  • 新ビルダー
  • プロジェクト共有
  • リソースマーケット
  • 問題チェック
  • 運用サーバー管理

セミナー情報

第1回 無料AppExe講習会(終了しました)
  • 東京 2月28日 9:00-17:00 於:クレアコム Developer Training Center
  • 大阪 3月4日 9:00-17:00 於:PCカレッジ東梅田校
  • 福岡 3月6日 9:00-17:00 於:福岡県 Ruby コンテンツ産業振興センター

*** 定員各20名***

講習会では、実際に AppExe を使用した演習を行います。
講習会当日にAppExeをご利用できる様に契約更新もしくは新規ユーザー登録をしておいて下さい。

トップへ